裏声はなんで出るの? ⇒ のどが諦めるから!(NHKチコちゃんに叱られる! 2019年12月13日放送)

裏声って、なんで出るの? 裏声って、ファルセットでしょうか。ある意味、特殊な発声法。shigeはうまく出せません。カラオケ行かないし!

今日のお題は、「裏声って、なんで出るの?」

今日もチコちゃんの意外な答えに興味深々。ではでは、チコちゃんの答えは、どんなのか、見ていきましょう。こんばんは。元オタク少年のshigeです。

チコちゃんに叱られる!「“1日3食の秘密”“裏声のなぞ”“銭湯の富士山”ほか」

NHK総合1
2019年12月13日(金) 午後7時57分~ 午後8時42分
2019年12月14日(土) 午前8:15~午前9:00

ゲストは黒木華さんと石黒賢さんのおふたり。江戸時代に庶民のくらしを劇的に変えたあるできごととは?「銭湯の富士山」ではその秘密とおもしろ銭湯絵を紹介。裏声の疑問からは人体の秘密が見えてきます。さらに世界中で食べられる「パン」の裏話、キョエちゃんのおはがきコーナーは、珍しい苗字の方からのお悩み。家族で、親子で、「あるある」「なんで?」と盛り上がりながら、一緒に楽しんでください。

【出演】岡村隆史
【ゲスト】黒木華,石黒賢
【リポーター】塚原愛
【声】木村祐一
【語り】森田美由紀
https://www4.nhk.or.jp/chikochan/




裏声はなんで出るの??

裏声がきれいな森山直太朗さんは、おもわず出てしまうらしい。

なぜなぜ、ってほんとに子どもですね。チコちゃん。答えを知ってるのに、なぜなぜって、イジワルな感じ。何を答えても、「ぼ~っと生きてんじゃね~よ!」って叱られる。残念~

チコちゃんの答えは、「のどが諦めるから!」

さすがの展開に、みんなぽか~んとしてます。これも、お約束になってきました!

声帯には2つの筋肉でできている、声帯筋と、輪状甲状筋

声はのどの声帯が震えて出る、空気の振動。声帯の振動が、空気に伝わって、声になるんですね。

「声帯筋」を引っ張る筋肉の「輪状甲状筋」に力を入れると、声帯筋が張っぱられて、高い声が出るようになる




声帯の筋肉(声帯筋)が引っ張られて、限界にくると、声帯筋が薄く引き伸ばされる

そうすると、声帯筋が接触する面積が一気に小さくなって、高い声が出るようになる

声帯筋が伸び切って、接触面積が小さくなるのか。なるほどね~

google検索では、声帯筋の粘膜の部分だけが振動するようになる、みたいな説明もあるけどね。

なんだか、わかったような、わからないような。

ソプラノ歌手は裏声だけで歌ってる!

裏声ばかり使ってるなんて、かなり重労働な感じです。ソプラノ歌手、尊敬します。とてもshigeには真似できません。真似しないけどね~



声の意外なヒミツ。これが分かったところで、裏声の出し方はよくわからないぞ。ま、いいか。

今日はここまで。ではでは~!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする