顔認証ATMとは? 秋からセブン銀行が口座開設に対応、NEC、OKIが先行

銀行のATMが進化しています。顔認証、顔パスで使えるATMが続々登場!

今日は、最新ATM動向をご紹介します。こんにちは。元オタク少年のshigeです!




■ 台湾から日本に逆輸入!? 顔認証ATMは日本メーカーNEC,OKIが支えている!

去年、台湾の大手銀行「玉山銀行」に顔認証ATMが導入されました。この導入を支えたのは、日本メーカーのNEC。

日本ではまだ事例が少ない顔認証ATMですが、海外での導入を日本メーカーが支えていたんですね。

ATM向けに顔認証システムを提供。NEC、台湾・玉山銀行にワンタイムパスワード機能を搭載した顔認証ATMを設置
https://amp.review/2019/02/25/atm/

銀行カードを持たずに、顔パスでATMが使える、便利なATMです。





■ 鹿児島銀行でも、顔認証ATMが試行稼働開始! OKIがシステム担当!

今年2019年に入って、日本の鹿児島銀行でも、顔認証ATMの試行稼働が開始されました。これを支えるのは、日本メーカーのOKI

スマホのQRコードも併用しますが、銀行カードを持たずにATM操作ができるのは凄いです!

鹿児島銀行と「顔認証キャッシュカードレスATM取引」の試行稼働開始(2019年4月19日)
https://www.oki.com/jp/press/2019/04/z19003.html

■ セブン銀行が顔認証ATMに意欲的! 2019年秋から本格導入、口座開設にも対応

そして、この秋、セブン銀行が顔認証ATMを本格導入始めます!

2024年までに、全てのATMを顔認証対応にするというから、とっても意欲的です。

口座開設も顔認証と免許証だけで、印鑑いらずのサービスを検討しているとか。

ふらっと立ち寄ったATMで口座がつくれちゃうんですね。もうそのくらい気軽じゃないと、誰もATMを使わない時代になってきているようです。

私も、そういえば年に数回しかATMに行かないな。カードを持ち歩くのが面倒なんですよね。通帳なんて、本当に見たことない。

手軽さが一番重要になってます!

“顔認証ATM”で口座開設 セブン銀行が今秋導入へ(19/01/07)

セブン銀、24年までに全ATMを新型に 顔認証で本人確認
(日本経済新聞 2019/5/10)

新型ATMは今秋から設置を始め、20年夏までにまず東京都内のATMを置き換える。24年までに全国すべての計2万5000台を更新する。

新型ATMでは運転免許証などをスキャナーで読み込み、カメラで利用者の顔を撮影する。写真を照合して、20~30秒で本人確認が終わる。利用者がスマートフォンを使って個人情報を入力すると口座を開設できる。




■ 顔認証の精度は99%以上!?

顔認証はAI(人工知能)を使ったものと、使っていないものがあります。どこまでがAI(人工知能)か、定義が難しいのも確か。ともかく、各社、しのぎを削って、顔認証の精度を上げる技術開発を競い合っています。

顔認証で自分と認識してくれなかったら、かなり残念ですよね。エラー率は1%以下。そのときは、しょんぼり帰りましょう。

顔認証の後、暗証番号は入力するタイプが主流のようです。さすがに、顔パスだけで、自分の口座から現金が引き出されてしまうと、悪用する人が続出しそうですからね。少し安心です。防犯カメラとしても機能するので、だれが悪用したかは、バレバレ。このあたりは、大丈夫そうですね。

どんどん便利になる、お金まわりの動き。AI(人工知能)が自分のことを、そっと見守ってくれている感じがいいですね。

ではでは




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする