デジカメの市場規模が7割減少!ピークは2010年だった

デジカメの市場規模が急速に縮小しています。データで見せられると、唖然としちゃいますね。もう、デジカメ欲しいという人は聞かないし。フィルムカメラを知らない世代が増えてきたなと思っていたら、もうすぐ、デジカメを知らない世代が生まれてくるのか。そうなのか…

と感慨深くなっている、元オタク少年のshigeです。



デジカメ市場規模はピーク時の7割減!

デジカメの販売台数は、2010年と比べて、2018年は30.2%、2019年は10月までで21.2%に落ち込んでいる。
出典:「BCNランキング」https://www.bcnretail.com/market/detail/20191110_144957.html

意外に最近まで成長してたんですね。2010年がピークか。

iPhoneが登場したのが2007年、その影響も意外に早かったですね。

デジカメの目的が、ネット、SNSにアップすることに変わった!?

デジカメで撮った写真をどうするかと言えば、今はSNSにアップして終わり。データはずっと残っているけど、数日経つと、たぶんもう見ない。

紙に印刷とかまずしないから。ネットに上げたらおしまい。



写真を撮る+ネットにアップが、一番効率よくできるのがスマホ

だったら、スマホの方が便利だよね。

デジタル一眼は、一部のマニア向けなのか?

デジタル一眼の性能は、スマホでは代用できない。と思ってたけど、最近、iPhoneとEOSの比較で、見分けがつかないという記事が出てたな。

カメラの性能より、アングルで勝負。あとは、光の量をうまく調節した方が勝ち、みたい。絶対的な差が見えなくなっているのは確かだな。

どっちが一眼レフで撮った写真?iPhone11 Proとキヤノンカメラを見分けられるか
https://iphone-mania.jp/news-265039/

デジカメの歴史はカシオQV-10から始まった

shigeはフィルムカメラを買ったことがなくて、いきなりカシオQV-10からはじめた。1995年だったのか、あれは。Internet商用化のブームもちょうど同じ頃。Windows95も、1995年だよね。デジカメ、Internet、Windows95、役者がそろった年だったんだ。

デジカメで時代が変わるとワクワクしてたけど。デジカメのピークを迎えるまで15年。意外に短かった。

10年先は、スマホも無くなってるのかな?

スマホの次は何だろう? VR、網膜投影型メガネ?



どんどん、変化のサイクルが短くなっている。しんどいな。

ちょっと傷心気味だな。では~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする