スマホ「5G」の次は「6G」だ! スマホが1年間充電不要な「IOWN(アイオン)」構想とは? NTT、ソニー、インテルが連携、2030年実用化を目指す

スマホが1年間充電不要、って、どういうこと?

なんともセンセーショナルな発表です。

スマホ1年間充電不要に? 次世代光通信システムで大幅省電力化 NTT、ソニー、インテルが連携
出典:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/01/news143.html

ニュース記事を読んでも、さっぱり原理がわかりません。電力効率が約100倍なので、今のスマホが数日バッテリー持つとすると、1年持つ計算になるとか。ほんとかいな??

半導体の電力効率が100倍になっても、結局電波出している段階で、エネルギーは必要になるわけだし。そんなに都合よく、スマホ全体のバッテリー時間が長くなるわけじゃないです。なにか、勘違いしてますね。

そんなこんなで、今日はニュースの深読みをしてみたいと思います。こんにちは。元オタク少年のshigeです。



発表されているのは、光信号で計算処理ができる半導体チップの開発の話。ニュース記事がよくわからないときは、オリジナルの発表を探します。これ、サーチャーの鉄則! (おいおい、shigeって、サーチャーだったんだっけ??)

プレスリリースの内容は2030年を目標にした、NTT、インテル、ソニーの共同開発

出典(プレスリリース)NTT、インテル、ソニーがコミュニケーションの未来を目指して国際的なフォーラム「Innovative Optical and Wireless Network (IOWN) Global Forum」を設立

■ 先進的な光電融合技術を活用したフォトニクス関連研究開発
■ 分散コンピューティング関連研究開発
■ スマートな世界をつくるユースケース・ベストプラクティスとそれを実現する研究開発

2019年10月31日
日本電信電話株式会社
インテル コーポレーション
ソニー株式会社
https://www.ntt.co.jp/news2019/1910/191031a.html

かなり広範囲で、ふわっとした内容です。



先進的なフォトニクス半導体(フォトニクス信号処理)の開発

特長的なのは、光電融合技術を活用したフォトニクス関連研究開発、フォトニクス半導体ですね。光信号と電気信号を変換するのは、今でもできますが、光信号のまま信号処理する方式はまだ開発途上の技術。そんなこと言っても、一般庶民にはよくわからないし、当分先の話なので、気にしなくてOKです。

光と電気を変換するときにエネルギーが失われるので、光のまま処理した方がいいよね。という程度で、ふ~んっと思ってください。昔から、光コンピューターって、夢のような話がありました。原理的には出来そうなんだけど、既存のシリコン型半導体の性能が凄い勢いで上がっていたので、あまり注目されませんでした。シリコン型半導体の性能限界が見えてきて、おそらくあと10年くらいすると、もう性能が上がらないという状況にもなりかねない。そう言われ続けて、もう10年くらい経つので、本当の限界は、よくわかっていないのですが。

そろそろ次の技術を、というのは、時代が変化する頃に出て来る話です。

NTTも半導体開発では老舗

NTTって、半導体開発している感じがしないかもしれませんが、さすが日本一の通信会社だけあって、半導体開発も研究ベースで進めています。他のメーカーがやらないような基礎研究を淡々と進めています。余裕の研究開発って感じです。

ソニー(SONY)も世界的な半導体メーカー

今や、ソニー(SONY)も生き残った半導体メーカー。有名なのはCCDという、カメラの目の部分、撮像素子とか、CCDセンサーとか呼ばれる部分。もうCCDセンサーを作れるメーカーって、世界に数社しかない。

光を電気に変えるCCDセンサーの技術は、フォトニクス半導体にも活かされることでしょう。おそらく。そうであってほしい。かなり願望に近いかな。そういう可能性を感じて、苦しくても巨大投資を続けているのかも。




次の「6G」は2030年頃なのか!?

NTT、次々世代「6G」でインテルやソニーと連携
出典:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51617860R31C19A0EAF000/

気になるのは、今年から2020年にかけて始まるスマホの「5G」サービスの次「6G」が2030年頃というところ。そんな先なんですね。10年も大きな変化がないのは、寂しいかも。

でも、「6G」という単語を使っているのは、日経新聞なんですよね。元のプレスリリースには、「6G」なんて、一切出てこない。煽り記事と思っていいです。といいながら、shigeも便乗して記事を書いているわけですが。すんませ~ん。

ということで、よくわからないけど、NTT、インテル(Intel)、ソニー(SONY)という組み合わせが面白かったので、取り上げてみました。海外の先行事例が多い中、日本もがんばってるよ、と。

また、気になった記事があったら紹介しますね。

ではでは~!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする