シャオミ(Xiaomi)日本進出、スマホ、タブレット市場はどう変わる?

中国ベンチャーのシャオミ(Xiaomi、小米科技)が遂に、日本市場へ参入!

高性能スマホで人気みたいです。中国で出始めのころは、安いことで注目されていましたが。いつの間にかハイエンドスマホのメーカーになってます。

日本参入の勝算はいかに? こんにちは、元オタク少年のshigeです。

s”>

2019年12月9日、シャオミ(Xiaomi、小米科技)が遂に、日本市場へ参入!

2019年12月9日に正式発表があるようです。発表と同時に発売かも? いきなり量販店に製品が並ぶんですかね? それとも、まずはWeb販売かな?

s”>

シャオミ「Mi Note 10」のカメラは1億画素!?

1億画素って、ピンと来ないですが、12032×9024ピクセルとか、ファイルサイズもバカでかいみたい。比較しないとよくわからないくらい。少しシャープでキレのある写真が撮れるみたい。でも、そんなに大きいファイルはいらないかなぁ。

重量は208g。 なんですか、それ。スマホの重さをはるかに超えてる!? タブレットか!!?

いくら、6.47インチ, 有機ELディスプレイったって。そりゃないでしょ。

廉価版のスマホ「Mi CC9 Pro」も中国では発表済、2799元(約4万4000円)

こちらも1億画素のカメラ内蔵。一番のウリはカメラなんですかね。

でもこちらも重さが、208g (チーン)




生まれた時から、死んでるみたいな。誰がこんな思いスマホを持ち歩くんでしょうね。

iPhoneもどんどん重くなって、この先、スマホの概念が変わっていくのかしらん? タブレットでいいじゃん。そんなバカでかいスマホを持ち歩きたいかね?

スマホ重量問題の記事はこちらも見てね!
⇒ iPhone11重すぎじゃないですか!? スマホの重量問題、もう軽くなる日は来ないのか?

shigeには到底理解できません。残念~

シャオミ(Xiaomi、小米科技)が中国で登場したころは、値段の安さが衝撃的だったのだが…!?

シャオミ(Xiaomi、小米科技)と言えば、どこよりも圧倒的な安さがウリだった気がするんだけど。いつの間にかハイエンド製品をウリにしているな。ちょっとどうかと思う。

性能では、そんなに圧倒的な差なんて出しようがない。すぐに追いつかれる。カメラなんて、実際の映りの良さの方が気になる。画素数をアピールしても、一部のマニアしか飛びつかないんじゃ?




ということで、shigeは期待してません。

日本には日本サイズのスマホが似合う。バカでかいスマホは、一部マニア用。ということで、あまり影響ないんじゃないかという予測。当たるか、外れるか、それはシャオミ(Xiaomi)しだい。

日本市場をナメるなよ~~!?

シャオミ(Xiaomi、小米科技)は、タブレット、Windows PCもつくってる!

そうだった。タブレットやWindows PCもつくってた。こっちなら、いい線行ってるかも。激戦のスマホじゃなくても、十分市場はある。あとはイメージ戦略で差がつくかな。一応高級路線みたいなので、その中で値ごろ感を出せれば可能性はある。

ともかく、どの製品を日本市場に投入してくるか、まだわからないんだよな。スマホは絶対出してくるはずだけど、タブレット、PCにも注目だね! 意外にもイヤホンとか、あるかもね。

ではでは




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする