「NewsPicks Bookジュニア」ベストセラー本を100円で!

今日は、ダイソーの100円本がさらにパワーアップする話題です。ダイソー攻めてます。凄いです。ちょっと気を許するとこれだもの。定点観測しないとヤバいかも。

こんにちは。元オタク少年のshigeです。ビジネスモデルのお話です。



カリスマ編集者の箕輪さんが、ダイソーとタイアップ

箕輪さんが手掛けてきた、ベストセラー本を100円で販売するそうです。「多動力」、「メモの魔力」、「お金2.0」など、今でも人気の本。

ブームに乗り遅れて読みそびれた人も、この機会に読みたくなっちゃいますね。

表向きは子ども向け100円本の「NewsPicks Bookジュニア」

しかも、単純な値下げではなく、子ども向けにアレンジ。ページ数や内容は減るけど、初心者向けの超要約本になるはず。付加価値を付けながら、商品を増やすユニークな戦略です。



子ども向けと言いながら、おそらくメインターゲットは大人

子ども向けと言えば、内容が薄くてもクレームは避けられる。ベストセラー本を要約すると、むしろ内容が濃くなると思う。どちらにしてもリスク回避にはなる。

100円本の、新しい循環

さらに、100円ならついで買いで、何冊も手に取る可能性が高い。読み終わった本を、気軽に知人に渡せる。貰った方も、100円なら、そんなに遠慮がない。ありがたくいただく。そして、読んでみると、すごく役に立つ。

こういう本の循環ができると、新しい市場ができるかもしれませんね。



もう本は100円がデファクトになるんですかね。100円デフレかと思ったけど、意外といい流れになるかもしれません。ちょっと期待しながら、見守りたいです。

参考
セブン・イレブン、ダイソーのオリジナル新書が大人気!? 出版業界の常識を破る!
https://future-fan.com/convenience_books-836

こちらでは、コンビニやダイソーでオリジナル本が大人気という話題を取り上げています。

ではでは~