なぜカメは長生き? ⇒ 心拍数が少ないから!(NHKチコちゃんに叱られる! 2019年12月20日放送)

カメって、あの池でまったりしている亀ですか。カメは、なぜ長生きなのって?

そんなこと聞かれてもねぇ。ほんとうに、長生きなんでしょうか。カメは千年、ツルは万年とか、いうけど。1000年も生きられるのか??

今日もチコちゃんの意外な答えに興味深々。ではでは、チコちゃんの答えは、どんなのか、見ていきましょう。こんばんは。元オタク少年のshigeです。

チコちゃんに叱られる!「“カメはなぜ長生き?”“鏡の謎”ほか」

NHK総合1
2019年12月20日(金) 午後7時57分~ 午後8時42分
2019年12月21日(土) 午前8:15~午前9:00

ゲストは中川翔子さんと、泉谷しげるさんが初登場。チコちゃんが大御所も叱りつけます。そして、「カメはなぜ長生き?」では、動物の驚くべき生態が。「シーンってなんで言うの?」では人体の秘密が明らかに。「鏡の謎」では人類が悩み続けてきた難問に挑みます。人気急上昇の黒い鳥、キョエちゃんコーナーでは、これまでに届いたおたよりを一気に紹介します。必ず誰かに話したくなる話題ばかりの45分です。お楽しみに。

【出演】岡村隆史
【ゲスト】中川翔子,泉谷しげる
【リポーター】塚原愛
【声】木村祐一
【語り】森田美由紀
https://www4.nhk.or.jp/chikochan/




亀(カメ)はなんで長生きなの??

カメの専門家、登場! やはり、専門家はその動物に似て来るって。カメそのまんまの感じの先生。なごみます。

チコちゃんの答えは、「心拍数が少ないから」

だいたいの動物の傾向として、心拍数が少ないと長生きなんだとか。心拍数上げちゃダメなのか。そうなのか、じゃ、引きこもり、ニートは、長生きするのかな。ちょっと、変だな。苦労しない、というのと関係しているのか。

ともかく、心拍数と寿命には深~い関係があるみたい。

心拍数が多いと、呼吸数が多い、酸素の量が増え、活性酸素が多く発生しやすい。

まず、心拍数と呼吸が関係している。呼吸が増えると、酸素の量が増えて、活性酸素が増える。そうなの。なんとなく、騙されてる感じがする。

呼吸が増えるのは、必要だから息しているんだけど。それは息を吸い過ぎってことなの!??



ちょっと、よくわかんないぞ。

活性酸素が増えると、細胞によくない働きがあるのは、なんとなく想像がつくけど。運動しちゃダメなのか。今日、走っちゃったよ。ダメなの、ほんとうに!?

実際にカメの心拍数を計測してみたら、毎分8回!?

そんなに少ないの。心拍だよ。心臓!

ほとんど、動いてないじゃん。大丈夫なんだっけ!?

頭を引っ込めると、さらに心拍数が下がる。呼吸もほとんどしないらしい。

カメが頭を引っ込めて、甲羅の中に手足も入れて隠れてるとき、肺の空気を吐き出して、呼吸もほとんどしてないらしい。心拍数も下がって、呼吸もしない。それ、仮死状態じゃん!?




それでも、生きていられるって、凄い生命力だよ。カメ、さすが!

やることないときは、省エネが一番だね。みならいたいよ。ほんとに。

カメは100年以上生きるらしい

ほんとに、長生きなんだね。種類によって違うみたいだけど、100年以上生きるカメは確かにいるみたい。

人間の平均寿命より長いなんて。そんなの、カメくらいか。他に知らないよ、そんな長生きの動物って!?



カメの意外なヒミツ。こんなのを知っても、人間の長生きの秘訣は見つからず。どうしたものか。モヤモヤが残るネタだなぁ。ま、いいか。

ではでは~!